設計構築と保守運用の違いについて(サーバエンジニア)

数ヶ月だけですけど、設計構築を経験して気づいた事を書きます。

1.設計構築はインストールと設定ができるだけでは駄目
客先に導入するにあたって、
導入後のランニングコストはどこが負担するのか?
各環境(DEV/Prod)の導入作業は誰が行うのか?いつやるのか?
設計レビューで承認を得る。
(パラメータについては全て説明できないといけない)
WBSで合意を取る。
DBの性能はどこまで必要か?
といった事を関係部署とコミュニケーションを取りながら、決定して
プロジェクトを進めていかないといけません。
これら全部を含んでの設計構築だと知りました。

2.運用は物事が発生してから対処。構築はWBSに従って仕事を進める。
仕事の進め方ががらっと変わります。
期限の無い仕事から期限のある仕事へ。
WBSは顧客との取り決め事項なので守るのは絶対。
守れないならWBS作る意味が無いので。
(ちゃんとバッファは考慮して頂いています)

汎用機オペレータからの脱出方法

私は現在、設計構築の仕事をしていますが、20年前はSESで汎用機オペレータを3年程経験しました。
汎用機オペレータからの脱出に成功している状態ですが、
振り返ってみるとずいぶんと非効率な人生を歩んだものだとも思っています。
どうすればもっと効率的にステップアップ出来たのかを考えてみたいと思います。

まずは私の経歴概要

SESで汎用機OP 3年 (基本情報をここで取得)
一般派遣やSESで
汎用機・サーバの試験業務やOPの操作を後ろで見てるだけの仕事や、
サーバ管理(といっても申請系やハードウェアの管理などのスキルいらない仕事)
4年 (CCNAとMCPをここで取得)
自社勤務のサーバ管理者 2年 (サーバ10台未満)
自社勤務の社内SE 3年 (サーバ10台未満・PC30台未満)
自社勤務のデータセンター運用監視・構築検証 4年 (サーバ200台)
↑ここから技術ブログスタート!
SESの現在の会社で運用SE 2年(サーバ200台)と現在の設計構築 2ヶ月目

まとめると、
汎用機OPを経験後、エンジニアとは呼べない仕事を4年経験したが、
なんとか中小の自社勤務の仕事にありつく。
スキルが飛躍的に上がったのは、サーバ200台規模を扱う、自社勤務のデータセンター業務以降。
技術ブログをスタートすることで、SESでの運用SEの業務中も客先での冗長構成(クラスタ環境など)を真似て
自宅で構築するなど業務外でのスキルアップに励み、この度、設計構築に異動となる。

・経歴分析
汎用機OP3年の経験が足を引っ張り、さらに4年を無駄にしている。
サーバ200台規模のデータセンター業務からようやくステップアップの流れが出来ている。

・では、どうすれば良かったのか?
資格取得しつつ、とにかく仮想サーバで冗長構成を組みまくれば良かったのではないかと
反省しています。とはいえ、ESXiが無償提供され始めたのは2008年から(ちょうど無駄にした4年の後)
なので、この時代だと、ヤフオクでサーバやネットワーク機器落札していくらか投資しなきゃいけなかったですね。
今の人はより脱出し易く(スキルアップし易く)なってますね。

・設計構築と保守運用の壁について
最後に、数ヶ月だけですけど、設計構築を経験して気づいた事を書きます。

1.設計構築はインストールと設定ができるだけでは駄目
客先に導入するにあたって、
導入後のランニングコストはどこが負担するのか?
各環境(DEV/Prod)の導入作業は誰が行うのか?いつやるのか?
設計レビューで承認を得る。
(パラメータについては全て説明できないといけない)
WBSで合意を取る。
DBの性能はどこまで必要か?
といった事を関係部署とコミュニケーションを取りながら、決定して
プロジェクトを進めていかないといけません。
これら全部を含んでの設計構築だと知りました。

2.運用は物事が発生してから対処。構築はWBSに従って仕事を進める。
仕事の進め方ががらっと変わります。
期限の無い仕事から期限のある仕事へ。
WBSは顧客との取り決め事項なので守るのは絶対。
守れないならWBS作る意味が無いので。
(ちゃんとバッファは考慮して頂いています)