iDecoの節税効果と高値掴みのデメリット比較

iDecoは節税効果が大きいのでお得という言葉を見かけますが、
下記の記事のような高値掴みのデメリットもあるようです。

確定拠出年金(iDeCo)の最大の問題点を見つけてしまいました
http://blog.livedoor.jp/tradehospital/archives/54215179.html

記事によると
iDecoは毎月26日に個人の銀行口座から掛け金が拠出され、そこから13営業日後に買い付けがされる。
毎月12~16日のほぼ固定で大量の買い付けがされる為に高値掴みをさせられているという指摘です。

では、節税効果と高値掴みのデメリットとどちらが大きいのでしょうか。

まず上の記事記載のグラフより、
高値時:日経平均23000円
安値時:日経平均22000円
のようにおおよそ日経平均で1000円の差があります。
比率にして相場の4.5%程度高値で購入していることになります。

ではiDecoの節税メリットはどの程度なのでしょうか。

楽天証券の節税効果シミュレーションより
https://dc.rakuten-sec.co.jp/feature/simulation/

年収420万(日本の平均年収)
積み立て額:23000円(会社員のMAX)の場合
年間積立額:276000円
1年の節税額:41400円
15%の効果

積み立て額:10000円の場合
年間積立額:120000円
1年の節税額:18000円
15%の効果

自営業者の場合(課税所得370万円)の場合
積み立て額:68000円(自営業者のMAX)の場合
年間積立額:816000円
1年の節税額:244800円
30%の効果

一般的な会社員で節税メリット掛け金の15%、高値掴みで4.5%のデメリットとなりました。
節税メリットの方が大きいようです。

がん保険、医療保険は本当に加入の必要があるのか要検討!

病気や怪我の備えにがん保険、医療保険は加入されている方が多いかと思います。
しかし、健康保険には高額療養費制度というものがあり、一般的なサラリーマンであれば、 月額約8万円を超えた医療費は戻ってきます。
さらに傷病手当金制度もあり、病気やケガで会社を休んだ場合、標準報酬月額の2/3を受け取る事も出来ます。

がん保険、医療保険の保険料は、

がん保険
アフラック「生きるためのがん保険 Days1」入院日額10000円 通院日額10000円 診断一時金50万円 手術1回20万円
保険料 30歳 男性 3394円/月 3394円*12ヶ月=40728円

医療保険
アフラック「ちゃんと応える医療保険 EVER」入院日額5000円 通院日額5000円
保険料 30歳 男性 1875円/月 1875円*12ヶ月=22500円

合わせて年間で63228円

10年間で63万円、20年間で126万円にもなります。

病気や怪我になる頻度はそれほど高くないので、当面の生活を送るだけの貯蓄があるという方は、
保険に加入する必要は無いのかもしれません。

一方で、

高額療養費制度注意点

高額療養費は暦月単位で計算されるため、月をまたいで治療した場合は、
自己負担額の合算はできません。そのため入院をして医療費が高額になったにもかかわらず、 月をまたいでいたために、それぞれの月では自己負担限度額に達しないために支給されないというケースがあります。

同じ月であれば複数の医療機関などで合算できますが、各2万1,000円以上の自己負担額を支払った場合のみ。 つまり自己負担が少なければ合算できないということになります。

公的医療保険、民間の医療保険の両方から、所定の給付が受けられます。
民間の医療保険からの保険金・給付金の支払いを受けても、高額療養費に影響はありません。
また、高額療養費の給付額の計算においては、民間の医療保険から支払われる保険金・給付金を差引く必要はありません。

という事もあるので、保険を掛けても全く無駄というわけでも無さそうです。

下記書籍を読んで、ブログ化しました。

図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! 山崎 元、大橋 弘祐(著)

マンションの管理費の差はどこで出る?

戸建てからマンションへの住み替えを検討中です。
不動産屋さんと話をしていて、おもしろいなと感じたのでブログに載せることにしました。

マンションの管理費は安いところなら2000円位、高いところなら1万円を超えます。
管理人の常駐時間もありますが、大きいのはエレベータの有無です。
エレベータのメンテナンス費用は結構かかるそうです。
5階建てまでのマンションならエレベータ設置義務が無いので、
管理費を安く抑えたいとお考えならエレベータ無しのマンションを探すのがいいかもしれませんね。

シャワーヘッド交換で月2000円の節約

よく店舗などで見かける節水シャワーヘッド。
効果を疑っていたのでこれまで購入に踏み切ることは無かったのですが、
ビジネス雑誌でLED電球への交換と節水シャワーヘッドの交換が
節約に効果ありと紹介されていたので試しに使ってみることにしました。

我が家は4人家族で2ヶ月の水道代は16000円掛かっていました。
4000円する50%節水を謳うシャワーヘッドに交換してみました。

結果は
2ヶ月の水道代が12000円にまで減っていました。

月2000円の節約に成功です。
ここまでの効果があるなら少々高くても節水シャワーヘッドの購入はありかと思います。

我が家はシャワー流しっぱなしで使う事が多いので
ここまでの効果が出たのかと思います。
こまめにシャワー止めるのが一番なのですが、なかなか出来ない人にはお勧めです。
是非お試し下さい。