イオン株購入の勧め

先日、利回りの悪い株を売り払って、イオン株を228000円程度で購入しました。
通年の平均株価は180000円なので4,5万の高値で買ったことになるのですが、
購入に踏み切りました。

購入した理由:高い利回り
イオン株の株主優待はイオンでの購入金額の3%がキャッシュバックされることです。
半年に1度の権利確定日の2ヵ月後程度に半年間でイオンから購入した金額の3%が現金でまとめてキャッシュバックされます。
(購入時のレジでの精算時に株主優待カードを読み取り機に通してもらう必要があります)

我が家は近所にイオングループの店舗があるので毎月5万円程度の食料品などを購入しています。
ですので、
50000円0.0312ヶ月=18000円 年間18000円のキャッシュバック。

配当金は
1800円2回=3600円 源泉徴収ありなら 3600(1-0.20315)=2868円
(2020年度予想)

年間利益
18000+2868=20868円

利回り
20868円/228000円=9.15%
となりかなり良いです。

イオン株は死ぬまで持ち続けるつもり(つまり売らない)なので損は確定しないのと、
5万値下がりしても3年で元が取れるということから、
今の価格でも購入に踏み切りました。

いつもイオンで買い物をされている方なら、消費税の増税を3%和らげるという意味でも
イオン株を購入されては如何でしょうか。

みずほフィナンシャルグループは配当利回り年4.4パーセントでお買い得

みずほフィナンシャルグループ株が1株170円とお値打ち価格になってきました。
3メガバンクで最も出遅れていると言われてはいますが、

PER 7.57倍(基準は15倍を下回るとお買い得)
PBR 0.47倍(基準は1倍を下回るとお買い得)
配当利回り年4.4%
最低購入価格:17000円

業績は減益が報じられてはいますが、黒字経営です。
今後、RPA化によって人員削減2万人が予定もされているので
業績も良くなるのではないでしょうか。

プロスペクト(3528)で運試し

2018/12/14迄に「2019年3月期第2四半期報告書」が出せなければ上場廃止となるプロスペクト。
2018/12/07現在の株価は22円です。
僅か2200円で100株購入できるので、
運試しで購入してみるのも面白いと思います。
宝くじを買うよりは、良いのではないでしょうか。

いちごグリーンインフラ投資法人は配当利回り年6パーセントでお勧め

最近、いちごグリーンインフラ投資法人の価格が下がってきました。
買い時なのではないでしょうか。

1口 57800円(2018年11月30日時点)
分配金 年 3560円
配当利回り 年6.15%

分配金が2026年まで公表されています。
https://www.ichigo-green.co.jp/ir/dividends.php

不労所得(株式配当)で月1万円得るには

不労所得が得られればどんなにいいだろうと思われる方は多いかと思います。

株式の配当金で月1万円得ようとするとどのくらい資金が必要なのか
計算してみました。

100株を2万円程度で購入できる「みずほフィナンシャルグループ(8411)」で計算してみました。

1株株価 189.2円
1株配当 年間7.5円
100株で
株式取得価格 18920円
配当金(年間) 750円
配当利回り(7.5/189.2=3.96%)

月に1万円を得るには、
10000/(7.5/12ヶ月)=16000株
189.2円*16000株=3027200円

約300万円必要となります。

なかなかまとまった金額ではありますが、
100株を2万円程度で購入できるので、
少しづつ購入していけば達成できるのはないでしょうか。