65歳までITエンジニアの仕事はあるのか?(その1)

~47歳サーバエンジニア(2022年1月時点)のスカウトメールの通数~

65歳までITエンジニアの仕事はあるのか?
気になる方は多いと思います。

スカウトメールが届くということは転職市場でまだ需要があるということだと思いますので、
スカウトメールの通数を年齢毎にレポートしたいと思います。
参考にして頂ければと思います。

1.私の略歴
学歴:5年制高専卒(非IT系)
資格:基本情報、MCP3科目、CCNA、VSP、VTSP、
   Sitecore Professional Developer、Azure Fundamentals
基本的な資格は所有。

2.職務経験:
客先常駐・零細自社勤務系企業にて
非エンジニア経験:17年位(IT業界には身を置いていたがヘルプデスクや簡単な運用・管理、テストなど
ITエンジニアとしては経験のうちに入らない経験。名ばかりSE)
ホスティング事業者(自社勤務)にて監視・運用・保守・構築・検証を3~4年程度
客先常駐にて運用・保守(金融系)を3年、開発・構築・検証(金融系)を1年程度
客先常駐にて設計・構築(PL・PM・メンバ)(ユーザ系SIer)を1~2年程度、セキュリティ運用を1年程度(今ここ)
まともなITエンジニア経験は直近3社の10年程度。

3.登録転職サイト
5サイト

4.2022年01月(1/1~1/29)のスカウトメール通数
206通
※同じ会社からの再スカウト含む

このうち1~2割位が不動産営業、フランチャイズオーナー、タクシー運転手の求人なので
(40歳を過ぎた辺りから来るようになりました。歳を取っても仕事は選ばなければあるのですね。)
206×0.8=165通/月
がIT系の求人です。
殆どが客先常駐の求人ですが、数通だけ自社勤務系企業の求人も含まれています。

私は少しだけ採用にも携わった事があって、
転職サイトの管理画面ではスカウトメールを送る際に
年齢や経験年数、希望年収などで求職者にフィルタを掛けられる事を知っていますので、
40代ではまだフィルタを掛けられていないと判断して良いと思います。

5.まとめ
40代後半ではまだ大丈夫そうですが
50歳以降でどのように通数に変化が現れるかが気になります。

50歳以降も仕事を得られるように精進したいと思います。