株式購入が先か支払いが先か

我が家は昨年、車をローンで購入しました。
5年で乗り換えるのも10年同じ車を乗り続けるのもコストはそんなに変わらないので、
5年乗ったら買い替えようと考えています。
4年後には車の購入に諸経費含めて200万近くかかります。
一方で株式の購入も進めて不労所得も得たいです。
ローンの金利が勿体ないので、
まず200万を貯めて車の購入に充ててから株式の購入を進めていく
というのが健全なお金の運用かと思いますが、
本当にそうなのか?とふと思ったので具体的に計算してみました。

1.4年間で200万円を貯めて車を購入する場合

200万円/4年/12ヶ月=4.16万円/月
毎月4.16万円を使わずに積み立てる必要があります。

4年後に車を購入すると、
所持金は0になり、残債も0円

2.4年間で200万円を株式の購入に充て、5年ローンで車を購入する場合

200万円/4年/12ヶ月=4.16万円/月
毎月4.16万円を株の購入に充て、配当利回り5%で運用した場合、

4.16万円*12ヶ月=50万円/年

1年目:50万円0.05=2.5万円 2年目:(52.5万円+50万円)0.05=5.125万円
3年目:(107.625万円+50万円)0.05=7.88125万円 4年目:(165.5万円+50万円)0.05=10.775万円
4年間で得られる配当は
2.5+5.125+7.88+10.775=26.28万円

4年後には株式資産が226.28万円になっています。
ここで金利1.99%(マツダスカイプラン)で5年ローンで車の購入をします。

5年間の総支払額は212.6万円です。
金利分で12.6万円の損です。
ですが、ローン支払い期間も配当で所得を得られるので、
10.755万円*5年=53.775万円の利益があります。
5年間のローン完済時点では、
株式資産:226.28万円+53.775万円=280.055万円
残債:0円
となります。

3.比較結果
4年間で200万円を貯めて車を購入し、その後4年間で200万円の株を購入した場合
(配当利回り:5%、ローン金利:1.99%の場合)
9年経過時点で
株式資産:226.28万円+10.775万円=237.055万円
所持金:0円 残債:0円

4年間で200万円を株式の購入に充て、5年ローンで車を購入する場合
(配当利回り:5%、ローン金利:1.99%の場合)
9年経過時点で
株式資産:280.055万円
所持金:0円 残債:0円

配当利回りがローン金利よりも高いケースでは、
購入資金を貯めるより先にそのお金を投資に廻した方が、
トータルの収支は良いようです。
お金を貯める期間にも運用するのか寝かせておくだけなのかの差が出たのかと思います。

4.まとめ
今の低金利の時代には、借金無しで行くよりもローン組んででも常にお金を動かし続ける方が
利益が大きいという結果となり驚きました。
今後もこまめに株式購入を進めていきたいと思います。

ENEOS株購入の勧め

最近はENEOS株を少しずつ買うようにしています。

ENEOS株は
株価:365.9円(2020/12/28時点)
配当:22円
配当利回り:6.01%

と配当利回りが6%とお得です。
株価チャートを確認しても現在が底値のようです。

36000円程度で購入できるので少しずつ増やしていくのに適しています。
ENEOS株はお勧めです。