フリーランスは得なのか検討してみました

私は現在SES企業に勤務しています。

契約単価が70万~100万なのに頂いている月収は契約単価の半分程度。
もしかして、フリーランス(個人事業主)やった方が得なんじゃないか?
と考え、検討してみました。

1.厚生年金が無くなってしまうけど、自分で積み立てた方が得なのか?

年金定期便には現在時点でもらえる額しか記載されていないので、
下記サイトで40年掛け続けた時のおおよその金額がわかります。
https://hokenstory.com/kosei-nenkin-hoken-how-much/

現在の厚生年金保険料12ヶ月40年=総支払い保険料

総支払い保険料/厚生年金(老齢年金)年額=10年

となり10年(65歳~75歳)で元が取れる計算になります。
仮に支給額が半額になったとしても20年(85歳)なので
掛けた保険料が回収できない事態にはならないかと思います。

これがフリーランスだと、iDeco(確定拠出年金)で掛けた分は必ず回収できますが、
長生きした時が不安ですね。

年金に関してはサラリーマンの方が分があるのではないでしょうか。

2.いろいろ経費扱いできるからフリーランスの方が得ではないか?収入は増えるのか?

エージェントを介して売上60万(年720万)の案件に携わったとしてシミュレーションしてみました。

経費:交通費5万,家賃1.5万(1部屋換算の家賃),書籍代1万の年90万
基礎控除:38万
青色申告:65万
社会保険料:国民健康保険:61万,国民年金:18万
iDeco:81万
控除:353万(基準額は367万になる)

売上:60万

国民健康保険料:3万
国民年金:1.6万
iDeco:6.8万
所得税:2.6万
住民税:1.7万
介護保険料:(国民健康保険料に含まれる)
交通費:5万
控除計:21万

実質手取り:39万

雇用保険無し、傷病手当金が受け取れないことを考えると
月10万はプールしておきたいところなので、
実質手取りは29万

売上の半分くらいが実質手取り収入という結果となりました。
ということは、
SESの正社員がフリーランスになっても
思った程収入が増えるわけではないと言えます。

3.仕事は不安定なのか?
エージェントに複数登録しておけば、不安定さは派遣社員と同程度なので
それ程気にしなくていいのでは。
案件の切れ目も給与でるのでSES正社員の方が安定度は上がる。

4.社会的信用が低い
カードや住宅ローンの審査に通らないという情報多数。
ここは名ばかりだがSES正社員の方が良い。

5.営業を自分でしないといけないのでは?
中抜きはされるがフリーランスエージェントを活用すれば良いという
記事を見かけた。

6.賠償リスク
仕事でしくじった時が心配で契約廻りを調べてみました。
業務委託契約時に委託料の1ヶ月分,3ヶ月分などの上限を設定することで抑制はできそうです。

まとめ:
フリーランスになっても思った程収入は増えない。
安定性重視で運用とか契約すると、スキルアップ見込め無い弊害もあり。
良心的なSES企業を探した方が良いように思えます。
社員を雇うのに給与の2倍のコストがかかるとは聞いたことがありましたが、
実際に計算してみて本当なんだなと思いました。