扱うプロジェクト数が多いSES企業は駄目

今日、扱うプロジェクト数が16000件もある。だからあなたに合ったプロジェクトにアサインできる。
と宣伝している大手SES企業F社の求人を見かけました。
この16000件どうやって実現しているかご存知でしょうか。
F社の元に直接16000件の引き合いがあるわけでは無いのです。
SESは多重下請け構造になっていて、顧客A社が常駐SEの求人を出すと、SESのB社やC社が下請けに求人を出します。下請けのD社がさらに求人を出して・・となっています。
1つの求人を出すと、複数社が求人を出すという風になります。
何社も間に入ったプロジェクトであれば、16000件ありますよって事です。
何社も間に入っているので当然、給与は安くなる。
さらに、プロジェクトが選び放題になるのか?と言えば、答えはNoです。
プロとして派遣する以上、あなたに出来る仕事しかさせてもらえません。
勤務地などを考慮すると選択肢は少ないのです。
こういう会社は契約単価も教えてくれません。

SESに行くなら、直請け案件を多く扱う企業を選びましょう。
単価100万/月とかあります。