「時短の科学」を読みました

内藤 耕 著の「時短の科学」を読んでみました。

リアルタイムで状況が変化するサービス業でも生産性を高めることができるのだと
感心しました。
主に要員配置(シフト)についてのノウハウが記されていました。

1.サービスはお客の要求と行動の共通部分

サービス業の場合は、お客の好みに応えること。
ITの場合の顧客満足度の指標はシステムの安定稼動であったり、納期を守って使えるシステムを納品したりでしょうか。

2.モチベーションが上がらないのは、お客が喜ばないことや必要性を感じない業務に時間をかけなければならない時。
モチベーションアップは顧客満足を上げる業務に集中でき、無駄な業務をしなくて済むようになること。
仕事の本質はお客に喜んでもらうことだから、社内運動会や飲み会などでコミュニケーションを良くするだけでは、
やる気は高まらない。

これはどの業界でもあてはまるのではないでしょうか。
私の場合は、お客に喜んでもらうよりも
任務達成して自身の成長(スキルアップやできることが増えた時)が実感できた時でしょうか。

3.「忙しい時にどれだけ少ない人数でまわすか」ではなく、「忙しくない時にどれだけ少ない人数でまわすか」
人はまとめて何かをすることが効率的と考えるがそうではない。

これは意外でした。
ただ、ITで個人レベルだとまとまった時間を確保して集中して仕事した方がはかどると思います。
客先常駐の場合は人員削減になるので、これは考えたくないですね。

個人の時短術ではなく、サービス業での要員配置(シフト)のお話でしたが、
他業界ではこんな工夫しているんだと知ることができて面白かったです。

無期派遣の派遣価格に占める給与の割合が60%なのは適正なのか

今回は無期派遣の派遣価格に占める給与の割合が60%なのは適正なのかを調べてみました。

1.無期派遣給与60%の出どころ

60%の出どころは、下記の厚生労働省発表の資料からです。

2019/03発表
平成29年度 労働者派遣事業報告書の集計結果
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000199493_00002.html

表7 派遣料金(その1)
(旧)特定労働者派遣事業
H29年度
無期雇用派遣労働者
情報処理・通信技術者 32,034円/日

表8 派遣労働者の賃金(その1)
(旧)特定労働者派遣事業
H29年度
無期雇用派遣労働者
情報処理・通信技術者 19,375円/日

マージン率
(派遣料金-派遣労働者の賃金)/派遣料金 = (32034-19375)/32034 = 0.395(39.5%)

賃金は100%-39.5%=60.5%

情報処理・通信技術者で無期雇用の場合、賃金は派遣料金の60.5%が平均値

というものです。

2.マージン内訳の計算

まず、事業報告書を確認します。

とある企業A社の場合

売上 6003849(千円)
売上総利益 1544342(千円)
販売管理費 1344172(千円)

でした。
売上総利益=売上-派遣原価(つまり派遣労働者の給与や社会保険料負担分)
販売管理費=会社の賃料、間接部門の人件費など

ここから、派遣原価は
6003849-1544342=4459507(千円)
売上に占める割合は
4459507/6003849=0.74277

となり、
売上総利益率は約25%で派遣原価の割合は約74%ということがわかります。
大手の派遣会社でも売上総利益率は25%で派遣原価の割合は75%という数字でした。

無期派遣のマージンに含まれるものは
1.社会保険料(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)の事業主負担分
2.交通費(3万円として計算)
3.有給休暇(12日)負担分
4.待機リスク(1ヶ月/年)負担分
5.販売管理費(会社の賃料、間接部門の人件費など)

として計算します。
1~4は派遣原価に含まれるものです。

2.1 社会保険料の事業主負担分の計算

標準報酬月額=給与+交通費や経費などの手当ての合計
つまり、交通費が高いと保険料が上がるんですね。

事業主負担
雇用保険料率 標準報酬月額の 6/1000
健康保険料率(介護保険料込み) 標準報酬月額の 0.1187/2=0.05935
厚生年金 標準報酬月額の 0.0915
労災保険 標準報酬月額の2.5/1000

社会保険料負担計 0.15935

会社負担の社会保険料は給与の約16%ということがわかります。

2.2 交通費の計算

3万円として計算します。

2.3 有給休暇(12日分)負担分の計算

(1/20日)*12日/12ヶ月=0.05

有給負担分は給与の約5%ということがわかります。

2.4 待機リスク(1ヶ月/年)の計算

1年に1ヶ月も待機(稼働率1-(1/12)=91.67%)は
無いとは思うのですが、ひとまず1ヶ月で計算します。

1/12=0.08333

1+0.05+0.15935+0.08333=1.29268

派遣原価は給与の約1.3倍だということがわかります。

2.4 マージン率のまとめ

事業報告書より派遣原価率は0.74277
派遣原価は給与(交通費含む)の1.29268倍

でしたので、
0.74277/1.2855=0.5746
となり、
売上(派遣価格)の約57%が派遣給与となり、60%に近い数字となりました。

しかし、60.5%-57.5%=3%の差があります。
3%というと少ない誤差のように見えますが、
単価が90万だとすると
900000*0.03=27000円
となり結構な金額です。

実際には待機リスクの備えがもう少し少ないのかもしれないですね。

給与は単価の60%という数字は適正な数字だという事がわかりました。

イオン株購入の勧め

先日、利回りの悪い株を売り払って、イオン株を228000円程度で購入しました。
通年の平均株価は180000円なので4,5万の高値で買ったことになるのですが、
購入に踏み切りました。

購入した理由:高い利回り
イオン株の株主優待はイオンでの購入金額の3%がキャッシュバックされることです。
半年に1度の権利確定日の2ヵ月後程度に半年間でイオンから購入した金額の3%が現金でまとめてキャッシュバックされます。
(購入時のレジでの精算時に株主優待カードを読み取り機に通してもらう必要があります)

我が家は近所にイオングループの店舗があるので毎月5万円程度の食料品などを購入しています。
ですので、
50000円0.0312ヶ月=18000円 年間18000円のキャッシュバック。

配当金は
1800円2回=3600円 源泉徴収ありなら 3600(1-0.20315)=2868円
(2020年度予想)

年間利益
18000+2868=20868円

利回り
20868円/228000円=9.15%
となりかなり良いです。

イオン株は死ぬまで持ち続けるつもり(つまり売らない)なので損は確定しないのと、
5万値下がりしても3年で元が取れるということから、
今の価格でも購入に踏み切りました。

いつもイオンで買い物をされている方なら、消費税の増税を3%和らげるという意味でも
イオン株を購入されては如何でしょうか。

生命保険料を節約するには

2018年4月に生命保険各社は一部の生命保険商品の値下げを行ったそうです。
医療の進歩で死亡率が下がったからです。
値下げ幅が大きかったのが定期保険や収入保障保険です。

我が家も収入保障保険を見直しました。
同じ保障内容で年払い保険料が3万8千円程度から2万2千円程度と1万6千円(42%)もDownしました。

今回ご紹介するのは、

FWD富士生命の収入保障保険
https://www.fwdfujilife.co.jp/jp/hoken/life/shuunyuu-hoshou


非喫煙者優良体保険料率
のプランです。

血圧が
最大血圧140未満
最小血圧 90未満

BMIの値が
18.0-27.0
BMI=体重(kg)÷身長(m)

であり、
且つ喫煙していないことです。

健康だと保険料が安くなるのは良いですね。

会社の健康診断の結果表(コピー)の提出
喫煙テスト(綿棒を口にくわえるテスト)
の2つをパスする必要があります。

30歳だと月額10万の保障で
月額保険料は2136円です。

みなさんも生命保険の見直しをしてみては如何でしょうか。

還元率高?良心的な客先常駐企業を見つけました

良心的な客先常駐企業(SES)を見つけて転職したので紹介します。

どこが良心的かと言うと・・

1.殆どの社員が契約が請負でも準委任でも無く、派遣契約
 グレーな請負でも準委任でも無く、派遣契約なので契約がクリーンです。
 派遣法を守っているので就業条件明示書の提示もあります。
ただし、派遣価格は全社員の平均単価(違法では無い)しか表示がされていませんでした。

2.みなし残業手当が20時間
 会社間でよくあるのが、稼働時間140-180Hは月額固定で超過分精算という契約です。
 180H-160H=20Hなので、20時間分のみなし残業手当がついているのは
 契約の実態に沿っているので良心的です。
 ちなみに、この20Hは時給に残業手当としての1.25倍がきちんとされています。

3.ボーナスが無い
 年収が同じなら、ボーナスが無い方が良いです。
 ボーナスが無く、初めから月給に上乗せされていると、
 転職直後の初回のボーナスの取りはぐれがありません。
ボーナスが無いと月給が上がるので、時間単価も高くなり、
 残業した時に残業手当も増えます。

例)
日本の平均年収420万のケース
ボーナス年間3ヶ月有りの場合
420/(12+3)=28万
28万/160H=1750円/時
残業時時給=17501.25=2187円/時 20Hの残業手当=218720H=43740円

ボーナス無しの場合
420/12=35万
35万/160H=2187円/時
残業時時給=2187円1.25=2733円/時 20Hの残業手当=273320H=54660円

残業20Hした時の差額
54660-43740=10920円/月
10920*12Month=131040円/年

4.客先指定休がある
大手企業さんは夏季休や年末年始の休暇が一般的な企業より多い傾向があります。
 客先が休日なら有給を消費することなく、有給扱いで休暇を取っても良いですよと
 いう制度があります。
 これは非常に助かります。

5.子供の入学式などに休みが貰える
これはうれしいですね。

6.自分に対して高い年収を提示して頂けた
 企業間の単価は教えては頂けない方針ですが、
 前職が単価公開しているのに還元がそれ程無かった事を考えると、
 結局、自分に対していくら提示して頂けるのかが大事だと思いました。

その他情報
福利厚生:雇用保険、健康保険、厚生年金、確定拠出年金、永年勤続休暇、財形貯蓄、従業員持ち株会
社員数:500人程度
資本金:8000万
所在地:全国に支店あり

まだ入社して1ヶ月も経過しませんが、他人に勧めても良いのかなと思います。
無期派遣も悪くないと思います。

興味を持たれた方は、下記の問い合わせフォームより連絡頂ければ
会社名をお知らせ、又はご紹介いたします。

iDecoの節税効果と高値掴みのデメリット比較

iDecoは節税効果が大きいのでお得という言葉を見かけますが、
下記の記事のような高値掴みのデメリットもあるようです。

確定拠出年金(iDeCo)の最大の問題点を見つけてしまいました
http://blog.livedoor.jp/tradehospital/archives/54215179.html

記事によると
iDecoは毎月26日に個人の銀行口座から掛け金が拠出され、そこから13営業日後に買い付けがされる。
毎月12~16日のほぼ固定で大量の買い付けがされる為に高値掴みをさせられているという指摘です。

では、節税効果と高値掴みのデメリットとどちらが大きいのでしょうか。

まず上の記事記載のグラフより、
高値時:日経平均23000円
安値時:日経平均22000円
のようにおおよそ日経平均で1000円の差があります。
比率にして相場の4.5%程度高値で購入していることになります。

ではiDecoの節税メリットはどの程度なのでしょうか。

楽天証券の節税効果シミュレーションより
https://dc.rakuten-sec.co.jp/feature/simulation/

年収420万(日本の平均年収)
積み立て額:23000円(会社員のMAX)の場合
年間積立額:276000円
1年の節税額:41400円
15%の効果

積み立て額:10000円の場合
年間積立額:120000円
1年の節税額:18000円
15%の効果

自営業者の場合(課税所得370万円)の場合
積み立て額:68000円(自営業者のMAX)の場合
年間積立額:816000円
1年の節税額:244800円
30%の効果

一般的な会社員で節税メリット掛け金の15%、高値掴みで4.5%のデメリットとなりました。
節税メリットの方が大きいようです。

フリーランスは得なのか検討してみました

私は現在SES企業に勤務しています。

契約単価が70万~100万なのに頂いている月収は契約単価の半分程度。
もしかして、フリーランス(個人事業主)やった方が得なんじゃないか?
と考え、検討してみました。

1.厚生年金が無くなってしまうけど、自分で積み立てた方が得なのか?

年金定期便には現在時点でもらえる額しか記載されていないので、
下記サイトで40年掛け続けた時のおおよその金額がわかります。
https://hokenstory.com/kosei-nenkin-hoken-how-much/

現在の厚生年金保険料12ヶ月40年=総支払い保険料

総支払い保険料/厚生年金(老齢年金)年額=10年

となり10年(65歳~75歳)で元が取れる計算になります。
仮に支給額が半額になったとしても20年(85歳)なので
掛けた保険料が回収できない事態にはならないかと思います。

これがフリーランスだと、iDeco(確定拠出年金)で掛けた分は必ず回収できますが、
長生きした時が不安ですね。

年金に関してはサラリーマンの方が分があるのではないでしょうか。

2.いろいろ経費扱いできるからフリーランスの方が得ではないか?収入は増えるのか?

エージェントを介して売上60万(年720万)の案件に携わったとしてシミュレーションしてみました。

経費:交通費5万,家賃1.5万(1部屋換算の家賃),書籍代1万の年90万
基礎控除:38万
青色申告:65万
社会保険料:国民健康保険:61万,国民年金:18万
iDeco:81万
控除:353万(基準額は367万になる)

売上:60万

国民健康保険料:3万
国民年金:1.6万
iDeco:6.8万
所得税:2.6万
住民税:1.7万
介護保険料:(国民健康保険料に含まれる)
交通費:5万
控除計:21万

実質手取り:39万

雇用保険無し、傷病手当金が受け取れないことを考えると
月10万はプールしておきたいところなので、
実質手取りは29万

売上の半分くらいが実質手取り収入という結果となりました。
ということは、
SESの正社員がフリーランスになっても
思った程収入が増えるわけではないと言えます。

3.仕事は不安定なのか?
エージェントに複数登録しておけば、不安定さは派遣社員と同程度なので
それ程気にしなくていいのでは。
案件の切れ目も給与でるのでSES正社員の方が安定度は上がる。

4.社会的信用が低い
カードや住宅ローンの審査に通らないという情報多数。
ここは名ばかりだがSES正社員の方が良い。

5.営業を自分でしないといけないのでは?
中抜きはされるがフリーランスエージェントを活用すれば良いという
記事を見かけた。

6.賠償リスク
仕事でしくじった時が心配で契約廻りを調べてみました。
業務委託契約時に委託料の1ヶ月分,3ヶ月分などの上限を設定することで抑制はできそうです。

まとめ:
フリーランスになっても思った程収入は増えない。
安定性重視で運用とか契約すると、スキルアップ見込め無い弊害もあり。
良心的なSES企業を探した方が良いように思えます。
社員を雇うのに給与の2倍のコストがかかるとは聞いたことがありましたが、
実際に計算してみて本当なんだなと思いました。

がん保険、医療保険は本当に加入の必要があるのか要検討!

病気や怪我の備えにがん保険、医療保険は加入されている方が多いかと思います。
しかし、健康保険には高額療養費制度というものがあり、一般的なサラリーマンであれば、 月額約8万円を超えた医療費は戻ってきます。
さらに傷病手当金制度もあり、病気やケガで会社を休んだ場合、標準報酬月額の2/3を受け取る事も出来ます。

がん保険、医療保険の保険料は、

がん保険
アフラック「生きるためのがん保険 Days1」入院日額10000円 通院日額10000円 診断一時金50万円 手術1回20万円
保険料 30歳 男性 3394円/月 3394円*12ヶ月=40728円

医療保険
アフラック「ちゃんと応える医療保険 EVER」入院日額5000円 通院日額5000円
保険料 30歳 男性 1875円/月 1875円*12ヶ月=22500円

合わせて年間で63228円

10年間で63万円、20年間で126万円にもなります。

病気や怪我になる頻度はそれほど高くないので、当面の生活を送るだけの貯蓄があるという方は、
保険に加入する必要は無いのかもしれません。

一方で、

高額療養費制度注意点

高額療養費は暦月単位で計算されるため、月をまたいで治療した場合は、
自己負担額の合算はできません。そのため入院をして医療費が高額になったにもかかわらず、 月をまたいでいたために、それぞれの月では自己負担限度額に達しないために支給されないというケースがあります。

同じ月であれば複数の医療機関などで合算できますが、各2万1,000円以上の自己負担額を支払った場合のみ。 つまり自己負担が少なければ合算できないということになります。

公的医療保険、民間の医療保険の両方から、所定の給付が受けられます。
民間の医療保険からの保険金・給付金の支払いを受けても、高額療養費に影響はありません。
また、高額療養費の給付額の計算においては、民間の医療保険から支払われる保険金・給付金を差引く必要はありません。

という事もあるので、保険を掛けても全く無駄というわけでも無さそうです。

下記書籍を読んで、ブログ化しました。

図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! 山崎 元、大橋 弘祐(著)

「実践 仮説思考2.0」読んでみました

仮説のクオリティーを上げたいと考え、本書を手にしたのですが、
ビジネスは論理と情理の2つで決まると書かれていたところが気になりました。
物事を進めるには周囲(特に決裁者)をヨイショして気持ち良く物事を決めて頂く
ことも大事で、うまくビジネスを動かしている人は皆やっているとありました。
理屈よりも気持ちが大事。
覚えておきます。
もちろん、仮説の立て方、多数の仮説を立てる方法論など丁寧に解説されています。

実践 仮説思考2.0
中野 崇 (著)

SESは本当にやばいのか?

読んでいて面白いブログを発見しました。

日本のIT技術者応援ブログ
https://ityarou.com/category/programmer/

【IT転職】人月、派遣で働いているITエンジニアは、今のうちから準備しよう。 2020年 IT業界は、大きな転機を迎えるだろう。
https://ityarou.com/ithitokoto068/

現在のところIT業界の人手不足は、
「AI、IoTエンジニア」
「クラウドの知識を持つエンジニア」
「低賃金のプログラマー」
が中心でそれ以外のエンジニアは、「ひとあまり」の時代に突入するかも知れません。

とのこと、

確かに人手不足とは言うけれど、大手のリストラ計画が次々と発表されています。
人手不足なのは、低賃金の仕事か、旬の技術が必要な仕事かのどちらかなのでしょうね。

ここからが本題で、SESは本当にやばいのか?
を考えてみました。

自社勤務、SES、派遣などの立場に関わり無く、
作業者レベルの仕事は上に記載されている通り、人手が余ってリストラの危険があるかも知れません。
しかし、コンサルタントや設計など上流で報酬の高い仕事はこの限りでは無いといったところでしょうか。

自社勤務だから安心。SES、派遣だからやばい。
と立場や役職で考えるのでは無く、
「今、何をやっているのか?、今、いくら貰えているのか?」という観点で転職するかどうかの判断をした方が良いと思いました。