がん保険、医療保険は本当に加入の必要があるのか要検討!

病気や怪我の備えにがん保険、医療保険は加入されている方が多いかと思います。
しかし、健康保険には高額療養費制度というものがあり、一般的なサラリーマンであれば、 月額約8万円を超えた医療費は戻ってきます。
さらに傷病手当金制度もあり、病気やケガで会社を休んだ場合、標準報酬月額の2/3を受け取る事も出来ます。

がん保険、医療保険の保険料は、

がん保険
アフラック「生きるためのがん保険 Days1」入院日額10000円 通院日額10000円 診断一時金50万円 手術1回20万円
保険料 30歳 男性 3394円/月 3394円*12ヶ月=40728円

医療保険
アフラック「ちゃんと応える医療保険 EVER」入院日額5000円 通院日額5000円
保険料 30歳 男性 1875円/月 1875円*12ヶ月=22500円

合わせて年間で63228円

10年間で63万円、20年間で126万円にもなります。

病気や怪我になる頻度はそれほど高くないので、当面の生活を送るだけの貯蓄があるという方は、
保険に加入する必要は無いのかもしれません。

一方で、

高額療養費制度注意点

高額療養費は暦月単位で計算されるため、月をまたいで治療した場合は、
自己負担額の合算はできません。そのため入院をして医療費が高額になったにもかかわらず、 月をまたいでいたために、それぞれの月では自己負担限度額に達しないために支給されないというケースがあります。

同じ月であれば複数の医療機関などで合算できますが、各2万1,000円以上の自己負担額を支払った場合のみ。 つまり自己負担が少なければ合算できないということになります。

公的医療保険、民間の医療保険の両方から、所定の給付が受けられます。
民間の医療保険からの保険金・給付金の支払いを受けても、高額療養費に影響はありません。
また、高額療養費の給付額の計算においては、民間の医療保険から支払われる保険金・給付金を差引く必要はありません。

という事もあるので、保険を掛けても全く無駄というわけでも無さそうです。

下記書籍を読んで、ブログ化しました。

図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! 山崎 元、大橋 弘祐(著)

「実践 仮説思考2.0」読んでみました

仮説のクオリティーを上げたいと考え、本書を手にしたのですが、
ビジネスは論理と情理の2つで決まると書かれていたところが気になりました。
物事を進めるには周囲(特に決裁者)をヨイショして気持ち良く物事を決めて頂く
ことも大事で、うまくビジネスを動かしている人は皆やっているとありました。
理屈よりも気持ちが大事。
覚えておきます。
もちろん、仮説の立て方、多数の仮説を立てる方法論など丁寧に解説されています。

実践 仮説思考2.0
中野 崇 (著)

SESは本当にやばいのか?

読んでいて面白いブログを発見しました。

日本のIT技術者応援ブログ
https://ityarou.com/category/programmer/

【IT転職】人月、派遣で働いているITエンジニアは、今のうちから準備しよう。 2020年 IT業界は、大きな転機を迎えるだろう。
https://ityarou.com/ithitokoto068/

現在のところIT業界の人手不足は、
「AI、IoTエンジニア」
「クラウドの知識を持つエンジニア」
「低賃金のプログラマー」
が中心でそれ以外のエンジニアは、「ひとあまり」の時代に突入するかも知れません。

とのこと、

確かに人手不足とは言うけれど、大手のリストラ計画が次々と発表されています。
人手不足なのは、低賃金の仕事か、旬の技術が必要な仕事かのどちらかなのでしょうね。

ここからが本題で、SESは本当にやばいのか?
を考えてみました。

自社勤務、SES、派遣などの立場に関わり無く、
作業者レベルの仕事は上に記載されている通り、人手が余ってリストラの危険があるかも知れません。
しかし、コンサルタントや設計など上流で報酬の高い仕事はこの限りでは無いといったところでしょうか。

自社勤務だから安心。SES、派遣だからやばい。
と立場や役職で考えるのでは無く、
「今、何をやっているのか?、今、いくら貰えているのか?」という観点で転職するかどうかの判断をした方が良いと思いました。

で、現在SES勤務の私はどうするかというと、
WEBで仕事の詳細を公開は出来ないのですが、
いい経験をさせて頂いているのでしばらく転職は無しと考えています。

ITエンジニアの年収分布(2019年度版)

とある転職サイトに登録されている求職者について、
経験3年以上、東京/大阪、正社員の方がどの程度の年収なのか調べてみました。
また、経験10年以上の方の年収はどうなのかも調べてみました。

ネットワーク/サーバ設計・構築3年以上 東京都 正社員
求職者数:2000人
年収400万以下の人:300人(15%)
中央値:500万円

ネットワーク/サーバ設計・構築3年以上 大阪府 正社員
求職者数:350人
年収400万以下の人:70人(20%)
中央値:500万円

ネットワーク/サーバ設計・構築10年以上 東京都 正社員
求職者数:600人
年収400万以下の人:50人(8%)
中央値:620万円

ネットワーク/サーバ設計・構築10年以上 大阪府 正社員
求職者数:120人
年収400万以下の人:10人(8%)
中央値:550万円

ネットワーク/サーバ監視・運用・保守・技術サポート 3年以上 東京都 正社員
求職者数:3000人
年収400万以下の人:900人(30%)
中央値:450万円

ネットワーク/サーバ監視・運用・保守・技術サポート 3年以上 大阪府 正社員
求職者数:500人
年収400万以下の人:200人(40%)
中央値:420万円

ネットワーク/サーバ監視・運用・保守・技術サポート10年以上 東京都 正社員
求職者数:750人
年収400万以下の人:150人(20%)
中央値:530万円

ネットワーク/サーバ監視・運用・保守・技術サポート10年以上 大阪府 正社員
求職者数:140人
年収400万以下の人:30人(21%)
中央値:500万円

システム開発(web/オープン系) 3年以上 東京都 正社員
求職者数:8400人
年収400万以下の人:1600人(19%)
中央値:500万円

システム開発(web/オープン系) 3年以上 大阪府 正社員
求職者数:1500人
年収400万以下の人:400人(26%)
中央値:460万円

システム開発(web/オープン系) 10年以上 東京都 正社員
求職者数:2550人
年収400万以下の人:200人(8%)
中央値:600万円

システム開発(web/オープン系) 10年以上 大阪府 正社員
求職者数:550人
年収400万以下の人:80人(15%)
中央値:500万円

システム開発者数については、東京が大阪の3.6倍(経験10年以上は4.6倍)
ネットワーク/サーバ設計・構築者数については、東京が大阪の5.7倍(経験10年以上は5.0倍)
ネットワーク/サーバ監視・運用・保守・技術サポート者数については、東京が大阪の6倍(経験10年以上は5.3倍)
となり、インフラ系の仕事の方がアプリ系の仕事よりも東京に仕事が集中しているように見受けられました。
プログラミングは近年、リモートワーク化が進んでいることも要因としてあるのかも知れません。

年収については、東京の方が大阪よりも、高い傾向があり、
システム開発=インフラ設計構築>運用保守
となっています。
経験10年以上の人は経験3年以上の人よりも、
東京では約100万円、大阪だと約50万円程度年収が高い傾向があります。

仕事内容と年収の相場感が掴めたでしょうか。
給与交渉や転職の判断材料として頂ければと思います。

皆勤手当てのある会社はダメ

先日、皆勤手当てがあるのを謳っている求人を見かけました。
皆勤手当ては有給取得したら付かないので、有給抑制の為に制度があるようなものです。
皆勤手当てのある会社に入るのは止めておきましょう。

マンションの管理費の差はどこで出る?

戸建てからマンションへの住み替えを検討中です。
不動産屋さんと話をしていて、おもしろいなと感じたのでブログに載せることにしました。

マンションの管理費は安いところなら2000円位、高いところなら1万円を超えます。
管理人の常駐時間もありますが、大きいのはエレベータの有無です。
エレベータのメンテナンス費用は結構かかるそうです。
5階建てまでのマンションならエレベータ設置義務が無いので、
管理費を安く抑えたいとお考えならエレベータ無しのマンションを探すのがいいかもしれませんね。

扱うプロジェクト数が多いSES企業は駄目

今日、扱うプロジェクト数が16000件もある。だからあなたに合ったプロジェクトにアサインできる。
と宣伝している大手SES企業F社の求人を見かけました。
この16000件どうやって実現しているかご存知でしょうか。
F社の元に直接16000件の引き合いがあるわけでは無いのです。
SESは多重下請け構造になっていて、顧客A社が常駐SEの求人を出すと、SESのB社やC社が下請けに求人を出します。下請けのD社がさらに求人を出して・・となっています。
1つの求人を出すと、複数社が求人を出すという風になります。
何社も間に入ったプロジェクトであれば、16000件ありますよって事です。
何社も間に入っているので当然、給与は安くなる。
さらに、プロジェクトが選び放題になるのか?と言えば、答えはNoです。
プロとして派遣する以上、あなたに出来る仕事しかさせてもらえません。
勤務地などを考慮すると選択肢は少ないのです。
こういう会社は契約単価も教えてくれません。

SESに行くなら、直請け案件を多く扱う企業を選びましょう。
単価100万/月とかあります。

みずほフィナンシャルグループは配当利回り年4.4パーセントでお買い得

みずほフィナンシャルグループ株が1株170円とお値打ち価格になってきました。
3メガバンクで最も出遅れていると言われてはいますが、

PER 7.57倍(基準は15倍を下回るとお買い得)
PBR 0.47倍(基準は1倍を下回るとお買い得)
配当利回り年4.4%
最低購入価格:17000円

業績は減益が報じられてはいますが、黒字経営です。
今後、RPA化によって人員削減2万人が予定もされているので
業績も良くなるのではないでしょうか。

「バカとつき合うな」を読んでみました

「バカとつき合うな」を読んでみました

考えて出来ない理由を見つけて結局何もしないじゃなくて、
まず行動すること。
成功している2人が言うから説得力があります。
私にはロケット飛ばす程のエネルギーはありませんが、
異動したばかりの目の前のメインの仕事を成功させることと、
このブログを1万PV/月で月収1万円の副収入を得ること、
株式配当で1万円/月得ることを目標に頑張りたいと思います。

堀江貴文 (著), 西野亮廣 (著)
バカとつき合うな

設計構築と保守運用の違いについて(サーバエンジニア)

数ヶ月だけですけど、設計構築を経験して気づいた事を書きます。

1.設計構築はインストールと設定ができるだけでは駄目
客先に導入するにあたって、
導入後のランニングコストはどこが負担するのか?
各環境(DEV/Prod)の導入作業は誰が行うのか?いつやるのか?
設計レビューで承認を得る。
(パラメータについては全て説明できないといけない)
WBSで合意を取る。
DBの性能はどこまで必要か?
といった事を関係部署とコミュニケーションを取りながら、決定して
プロジェクトを進めていかないといけません。
これら全部を含んでの設計構築だと知りました。

2.運用は物事が発生してから対処。構築はWBSに従って仕事を進める。
仕事の進め方ががらっと変わります。
期限の無い仕事から期限のある仕事へ。
WBSは顧客との取り決め事項なので守るのは絶対。
守れないならWBS作る意味が無いので。
(ちゃんとバッファは考慮して頂いています)